業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

買取ショップコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

リサイクルショップの注意点はありますか?

家の整理をしていたのですが、そのときに不要なものがたくさん出てきてしまい、誰かにあげたり捨てたりするのも気が引けるので、リサイクルショップに持っていって売れたらいいなと考えています。
しかし、今までにリサイクルショップを利用したことがないため、どういう点に注意をして利用すればいいのかよく分かっていないため、注意点について教えてもらえるとありがたいです。

回答

偽物は売れない、一度売ったら返してもらえないなどに気をつけましょう


不要になったものを気軽に売ることができるのがリサイクルショップの良いところなのですが、さまざまなルールがあるため、それを守って利用することが求められ、気をつけなければいけない点がいくつかあります。
まず、とても基本的なことですが、一度売ったものは返してもらうことができないため、リサイクルショップへ持っていく前に、それを本当に売ってしまってもいいのかしっかりと検討することが大切です。
買い戻せばいいと考える人がいるかもしれませんが、独自の販売ルートで売っているために、すぐに買い戻しができないこともあり、基本的に売ったものは返してもらえないと考えたほうがいいのです。
そもそも、買取が成立する際には同意書にサインをすることになり、そこには返却不可であることが記載されているのが普通のため、売買契約が成立した時点で、売ったものを返してもらえないことに同意したとみなされるのです。
また、リサイクルショップでは同じ品物を複数売ることができないケースがあるのですが、これは盗品である可能性があり、不正に入手したものを売り飛ばそうとしていると判断される可能性があるからです。
もちろん、間違えて同じものを複数買ってしまったケースがあるかもしれませんが、それを確認する方法がリサイクルショップ側にはないため、同じものを売りたい場合には、それを認めているお店を探すか、別々のお店に個別に売りましょう。
貴金属やブランド品の場合には偽物が存在しているのですが、当然、偽物の買取には対応しておらず、そもそも偽物を売ることは犯罪行為となってしまうため、この点には注意しましょう。
また、買取をするためには用意するべきものとして身分証明書があり、有効な身分証明書を用意できなければ、基本的にどの買取店でも買取に対応してもらえないため気をつけましょう。
未成年の人が買取を利用する場合には、身分証明書だけではなく保護者の同意書も必要になってしまいます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク